投稿者「katochiro」のアーカイブ

11月10日 「タコぱ(たこ焼きパーティ)」しよ!

一緒に作って、食べて、美味しいことを分かち合うことが、子どもたちにとってとても基本的な事ですが自学生(不登校)の子どもたちにとっては
新鮮なことなのです。
こうした取組は、大人にとってみると当たり前で何でもないことかもしれません。しかし子どもにとってみるとしれはかけがえのない体験、時間に
なっていると分かります。

家族、親戚ではなく見知らぬ他人であってもお互いに配慮しながら、交流をする。こうした積み重ねで人と人との付き合い方、コミュニケーション力
は養われます。
フリースクール地球子屋は、学力をつける以前にこうした人が身に付けた方がよい基本的なことから取り組んでいくので、その後も元気よく自分の
ことに取り組めることができます。

とてもよい機会となりました。参加してくれた子どもたち、そしてご家族のみなさんありがとうございました。

10月24日 バドミントン活動 一緒に楽しもう!

地球子屋がずっと続けていることの1つにバドミントン活動があります。
あまりしたことがない子どもが多いので、誰もが楽しめることと少しずつ練習を重ねることで上手になっていき成長したと実感がもてます。
そして2人一組でゲームをするので、自然と仲良くなれるところが最大の魅力ではないでしょうか。

バドミントンは毎週木曜日15時から行っていますので、飛び入り参加でも大丈夫です。
場所は、今回は 熊本市総合体育館・青年会館(砂取小学校前)になります。

ぜひ少しでも興味のある人はご参加ください。
お待ちしています。

フリースクール地球子屋 加藤

10月31日(木) 19時から ともに育つ親の会 開催です!

フリースクール地球子屋は、100%子どもたちの居場所ですが、それと同時にご家族のための場所でもあります。
不登校となると実に様々な不安や人間関係に悩まされるものです。

もちろん当事者である子どもが一番悩み苦しむことが多いわけですが、同じくらいご家族も悩むものです。
そういった時、保護者同士が集まり、我が家ではどうだったのか、その話を聞くだけでホッとしたり、安心感につながったりします。
何より、忘れかけていた笑顔を取り戻すことで、明日からまた子どもと向き合っていこうという力も湧いてきます。

フリースクール地球子屋は、こんな形でみなさんを元気にしていくところです。
私たちと一緒に子どもさんの悩みや不安、そして様々な困ったことについて話してみませんか?
来る前と後では全く違った気持ちになることもよくあります。ぜひご参加ください。

もし子どもさんを家に残しておけないという場合は、一緒に来ていただいても大丈夫です。別室もたくさんありますので子どもさんはそこで
好きなことをしていただけます。

フリースクール地球子屋 加藤

ニュースポーツ感想 ボルダリング編

10月23日はニュースポーツを一緒に!のボルダリング体験でした。
参加してくれた人の感想をご紹介します。

・最初ではなく今日で2回目でしたけど、前よりスムーズに登る事ができてよかったです。
・なかなか登れないコースがあったけど、インストラクターの方から足の中央ではなくつま先を岩にかけると体勢が変えられるよと
教えてもらい、コツがわかってコースをクリアできた。嬉しかったです。
・初めてでしたけど、すごく腕の力が必要だとわかりました。登れたときは嬉しかった!
・何度も失敗するけれど、だんだんと上に登れるようになるし、コツがわかると一気に登れたりするのがとても気分がいい。

集団でするスポーツもいいですが、ボルダリングは自分との闘いです。メンタル面でも鍛えられるし、見知らぬ人どうしでも教えあったり、励まし合ったりするのをみるといいスポーツだなあと思います。

10月10日15日 ニュースポーツをしました!

地球子屋の子どもが企画してくれたニュースポーツを一緒にしようということで、今回は、ピロポロとエスキーテニスを行いました!!

エスキーテニスやピロポロの感想

ルールがあまり分からないまま始めたけれど

割とルールは誰でも覚えやすかったです。

エスキーテニスはラケットにボールを当てて相手のコートに返すスポーツです。

ピロポロは棒のようなスティックでボールをパスでつないでゴールに入れるスポーツです。

エスキーテニスは1対1でもできますが、ピロポロは最低4人はいたほうが面白いです。

★画像はエスキーテニスの様子です

10月9日16日 スポッチャに行きました!

10月9日、16日 子どもたちの気持ちの企画でラウンド1のスポッチャに行き身体を動かしました。

そのときの感想をT君が書いてくれました。

「スポッチャ感想」
いろんなスポーツがあって、いつもではできないスポーツなどがたくさんあって楽しめました。
フットサルやテニスは、いつもはなかなかできなくて、スポッチャにあったので楽しめました。
他にもエアホッケーなど室内のゲームなどもあった。
平日だったので人が少なくて自由にできた。
もう少し人がいるともっと楽しめたと思った。

新規相談が増えています

2学期が始まり、不登校の相談が大変多くなっています。

不登校という言葉からして負のイメージをもった言葉です。「不」は「~ではない」という表現です。
言葉は、確実に子どもに影響を与えます。

否定している言葉に自分が当てはまるならば、自分も否定されていると感じるものです。

フリースクール地球子屋では、不登校という言葉は使わずに「学校に行けない・行かない」と表現することが多いです。
さらに「自宅生」「自学生」「在宅生」という表現をすることもあります。

学校に行けないというだけで、罪悪感をもってほしくないですし、自信も失ってほしくないです。
しかし他の子どもたちが登校している現状から、登校できないという状態は子どもに大きなストレスを与えることに
なります。

一度、そのストレスから解放することで、本当に学校に行く意味、学ぶことの意義を理解することにつながります。
そういったことに気づくことができるのがフリースクール地球子屋なのです。

推定で5,000人超とされる県内の学校に行けていない子どもたちには地球子屋につながってほしいです。

ぜひこのホームページをご覧のみなさんは、ご相談ください。
ご連絡をスタッフ一同お待ちしております。

フリースクール地球子屋 代表 加藤

10月 不登校学習会、親の会にぜひご参加ください!

1)ともに育つ親の会
不登校であることに心配や悩み、不安をご家族はもつことになります。そんな気持ちを出し合い、様々な段階にあるご家族の話に耳を傾けることによってたくさんのヒントが得られると好評です。
この親の会に参加を続けただけで親子関係に変化が生まれ、不登校について改善があったと何組ものご家族から報告があります。
ぜひ不登校・ひきこもり・非行・家庭内での暴言暴力、発達などなどご心配のことがありましたらともに育つ親の会にご参加ください。

 

 

2)不登校学習会
不登校についての最新の知見と地球子屋流子育て術についてお伝えする6回シリーズの学習会です。単発での参加もでき、どの回からでも参加することが可能です。6回を続けて参加すると不登校の全体像が見えてくるようになっています。こちらの学習会では、ご家庭でできる対応方法を中心にお伝えしています。様々な対応方法を段階ごとにお伝えするので、すぐに実践できると好評です。続けていくことで必ず成果が表れてきます。ご家庭での対応がどうしてよいかわからない方はぜひご参加ください。

10-11月は新規会員(6名)募集中!イベントもたくさん!

10-11月は、フリースクール地球子屋 新規会員募集中です!!

新しい子どもたちがフリースクール地球子屋を知ってもらうためにイベントもたくさん準備しています。
ぜひ興味ある活動にご参加ください!

1)ラウンド1へ行こう!
2週にわたってラウンド1のすぽっちゃゾーンで様々な活動に参加してみよう!競争はしないので運動が苦手でも大丈夫!楽しく仲間づくりができます。

 

 

 

 

 

2)ニュースポーツをやってみよう!&木曜日はバドミントンも!!
エスキーテニス、ピロポロ、ボルダリングなど新しい遊びをしてみませんか?どの活動も初心者が楽しめるものばかりです。一緒に楽しむことが目的ですので安心して参加してみて!
さらに、バドミントンは毎週木曜に15時から16時で熊本市総合体育館にて行います。初心者には丁寧に指導します。こちらもダブルスで楽しく身体を動かすことで気持ちもリフレッシュできます!

 

 

3)おでかけ!イルカウォッチング
天草はイルカウォッチングが有名ですね。平日におでかけして思いっきり海やイルカに出会って楽しむことで、普段の生活からぬけだして気持ちも変わります。お友達づくりをするにもとてもよい機会となるでしょう!地球子屋に通うことに不安のある子どもは、こういったイベントから参加してみるのも良いですね。

 

すべて事前の参加申込みが必要になります。
参加申込み先
フリースクール地球子屋 加藤 携帯080-4286-2999
もしくは、HPの活動予約カレンダーから予約できます。

2019年5月~9月成果報告と10月~(6か月)新規会員募集!

地球子屋流子育て術によって、6か月間で子どもの元気を取り戻したり変化を促しています。

現在、10月から半年間、フリースクール地球子屋を利用する子ども・若者会員を募集しています。
7歳から20歳くらいまでの子ども・若者を対象に、6名を募集します。

まずは初回相談でフリースクール地球子屋へご相談ください!

5月から9月までの成果をご紹介します。
2019年5月から9月まで、学校に行けない・行かない子ども・家にいる若者について、ご家族からたくさんのご相談をいただきました。

1)20代Kさんへの家族カウンセリング、ご家族への支援を継続し、気持ちが前向きになり就労に向けて考えることができるようになりました。

2)17歳Tさんは、治療へと連携、治療後は支援機関と連携。本人へのカウンセリングし、自分の考え方の偏りに気づくことができました。学校への復帰を目指して、個別支援を実施中。

3)13歳Yさんは、不安が強く眠れない日々が続いていましたが、大好きな運動を活動に取り入れて気持ちが安定して、さまざまなことに興味関心が出てきました。

4)15歳Iさんは、親子カウンセリングを繰り返して、少しずつ自分の進路を考えることができるようになりました。

5)20代Nさんは、気持ちの落ち込みや家族間の関係が悪かったですが、ご家族へのカウンセリングと生活改善、Nさんへの個別支援によって短時間の仕事ができるようになりました。

6)11歳Sさんは、短期間で地球子屋で友だちができ元気を回復することができました。

7)14歳Uさんは、ずっと家でネットやゲーム中心の生活でしたが、個別訪問を続けて地球子屋の活動に参加することができ、最初の1歩を踏み出すことができました。

8)10歳Mさんは、様々な問題を解決し、今ではホームスクーリングをすると決めました。電話やオンライン上で支援をし家庭でできる学習支援を地球子屋がしています。

6か月間、地球子屋と関わることで子どもたちに大きな変化が生まれています。ご家族からも積極的になった、生活リズムが安定した、笑顔が増えたなど喜びの声をいただいています。

フリースクール地球子屋は、一人ひとりの子どもの特性を活かす取組は確実に子どもに変化を生み出します。

10月以降、フリースクール地球子屋は、新規にフリースクール会員を募集します。ぜひご相談ください。

フリースクール地球子屋(不登校・ひきこもり相談支援センター)
代表 加藤 
お問合せ先 携帯電話:080-4286-2999  メール:freeschoolterrakoya@gmail.com