ともに育つ親の会 12月 豊かな社会、愛情が感じられない家庭

自助グループとしての「ともに育つ親の会」

12月もたくさんの保護者のみなさんがお集まりいただきましたことに感謝申し上げます。

文部科学省は学校に行かない子どものことを「不登校」問題と言います。

しかし、私たちは「学校に行けない・行かないことを選択した子どもたち」と呼んでいます。

あるいは、自分で学びを選択して生きている子ども=自学生 とも呼んでいます。

長年にわたり、不登校は「問題行動」と文部科学省も学校も認識してきましたが、やっと最近になって不登校(そしてイジメも)は誰にでも起こりうることであって、それを問題とするのではなく「多様な学び方を保障しなければならない」と考え方を改め、ついにそのための法律ができました。

法律ができたからといって学校現場では、すぐにそのように認識が改まるわけではありません。

今でも不登校は問題行動として扱われ、子どもたちが苦しむ一因になっています。

そして、保護者のみなさんも不登校は問題行動という学校の考え方にそって、無理にでも学校に行かせようとするのです。

そのような考え方になるのも、「これまで学校に登校していた」という事実があって、だから再び行けるようになることが正しいことなのだという考えになるのは致し方ない部分もあることは重々承知しています。

学校内で自分の居場所がないと感じている子どもに、学校に行かせることは「オマエの気持ちなどどうでもいい。行かなければならないのだから黙っていけばいい。」というメッセージを送っていることになります。

したくないことを無理やりさせられるのは、大変な苦行で苦痛で、心身にとって大きなストレスであることは間違いありません。

「不登校は子どものワガママだから、大人が無理やり躾ないといけない」

こんな風におっしゃる方もいます。

本当に、その子どもはワガママなだけなのでしょうか?

熱が38度もあれば、学校より病院へ連れていくことを優先するでしょう。

病気ではないから「ワガママだ」と決めつけていませんか?

それでは子どもに向き合っていないのではないでしょうか。

子どもの本当の気持ちがわかっていないのではないでしょうか。

だから親子なのに口もきかない関係へとなっていきます。

口もきかない関係の原因をつくったのは、よくよく考えてみると「ワガママと決めつけた」大人の方にあるのかもしれません。

私たちの生活は豊かになり、便利なものに囲まれ、常に情報に溢れる中で生活するようになりました。

ところが、その豊かになったことで逆に人と人とが本当に向き合う関係、信頼や愛情を感じ取れる関係は失われています。

物や情報を扱うのでいっぱいいっぱいで大切な子どもとの対話ができていないのかもしれません。

豊かなのに、愛情が不足している。

現代の子どもたちはそんな風に見えます。