ともに育つ親の会 1月

保護者が集まってできたフリースクール地球子屋 そして自助グループ「ともに育つ親の会」

2019年1月31日 
 今年最初の「ともに育つ親の会」にたくさんの保護者のみなさん、そして当事者である若者のみなさんに集まっていただき、お互いの話を聴きあうことができました。参加いただいたみなさんに改めて感謝申し上げます。

 学校に行けない・行かない子どもたちにどう対応したらよいのか。その悩み、不安はつきないものかもしれません。
長年にわたりそんな保護者のみなさんや子どもたちと接してきた経験と健康科学から結論を導き出すならば、ご家族が元気になることが子どもの元気を取り戻すという一面はあると思います。

 感情はすぐに他者へ伝わるものだということはみなさんもご存じでしょう。大きな怒鳴り声を聞いたら、その場にいる人は一斉に緊張し張りつめた空気になったという経験は誰しも持っているはずです。反対に何か楽しくて仕方ない表情の人の隣にいけば、なぜか知らないけどその表情を見た人もまた和やかに笑顔になります。このように気持ちは言葉、表情、態度などからすぐに伝わるのです。
 大人が不安そうな顔をしていたらどうなるでしょうか。

 大人がこれだけ心配そうな顔をしているということは、学校に行っていないことはとんでもない事をしていると思うかもしれません。あるいは親に迷惑をかけて申し訳ない、なんで悪い子どもなんだ自分は!と思うかもしれません。不安な顔をしていて、子どもが何か得になることがあるでしょうか。
子どもは学校に行けない・行かないことで元気を失くしてしまいます。それに親が不安顔であるならばさらに元気を失くしていくことでしょう。

 もちろん、大人もすぐに笑顔で元気いっぱいになれるはずはありません。学校に行けない・行かない子どもにどう対応したらよいのか迷いに迷いながら、どうしたものかと考えていることでしょう。

 分からないことが不安な気持ちにさせているといって間違いないでしょう。学校に行けない・行かないこととはどういう事なのか、不登校ってどう理解したり考えたりすればいいのか、それが分かれば安心もできますし、対応方法も分かってきます。

 私たちは、23年間子どもたちに向き合ってきて、どの子どもも立派な大人になっていったことをこの目で見てきました。そしてその保護者のみなさんがフリースクール地球子屋を支えてくださっています。かつて子どもの対応に苦慮されたからこそ、同じ苦しみを味わうことなく早く子どもを元気になってほしいという思いがフリースクール地球子屋の原動力です。子育てのバトンを次々と受け継いでいっていると思います。

 2019年4月 フリースクール地球子屋は新たな拠点を確保して、子どもの人権・福祉のための活動を再開します。みなさんもぜひフリースクール地球子屋の会員になって私たちと一緒に子育てのバトンの受け渡しをしていきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。