不登校の子どもたちの未来

フリースクール地球子屋は、2020年に入り24年目に突入します。これまで300人以上の子どもたちが地球子屋に関わり、元気になって次の1歩へ踏み出していきました!!

・海外に留学し、企業へ就職した

・心理学を学ぶために大学進学した

・調理に目覚めて高校卒業資格をとり専門学校へ進み、有名レストランへ就職した

・地球子屋で行ったプログラミングに興味をもち職業訓練学校から専門学校を経てIT企業へ就職した

これはほんの一例にすぎません。どの子どもも一人ひとり自分の人生に向き合って、自分の力で切り開いていこうとしています。本当にたくましく成長していってくれています。

2019年にフリースクール地球子屋に関わっている子どもたち、若者たちもまた、次の一歩を踏み出そうとしています。
・高校進学を決めて、動き出そうとしている子どもが4人います。
・ある事情で高校を辞めた子どもが、別の高校で再起をかけて頑張ろうとしています。
・ずっと家にいた中学1-2生の4人は、外に出られるようになりました
・遅れていた学習を、家と地球子屋の両方でオンライン学習を使って自ら進んでするようになりました
・気持ちがなかなか言えない子どもが、笑顔が増えて自分の意見を少しずつ言えるようになりました
・自分のことでいっぱいいっぱいだった子どもが、別の子どもの心配をしたり、地球子屋全体のことを考えるようになりました。

ご家族のみなさんにお伝えしたいことは、不登校であっても不安や心配は全く無用です。効果がある「地球子屋流子育て術」の順番で段階を踏んで対応していけば子どもは自分の力で動き出します。

ご家族は、力が発揮できるように、私たちフリースクール地球子屋と一緒に対応されることをお勧めします。

不登校の相談支援専門団体である私たちと一緒に子どものためになることを始めていきませんか?