コラム-地球子屋のすごし方(2006年5月)

フリースクール地球子屋のすごし方

フリースクール地球子屋では、ゆっくりと生活することができます。

トランプ、人生ゲーム、アップル トゥ アップル、ワードバスケットなど誰でもが簡単にできるゲームをすることが多いです。

もっと面白いゲームは?と言われたら、喜んでいろいろ紹介しましょう。毎月3~4つのボードゲームやカードゲームが届きます。みんな、やったことがないゲームなので解説書を読みながら、おっかなビックリ始めます。ゲームの好きな人はぜひ挑戦してみてください。(ローマ水道、郵便馬車、ブルームーンシティ、カタン、カリフォルニアなどなどドイツで作られたボードゲームが主です)

一人でできることもありますね。本を読んだり、パソコンでネットサーフィンしたり、音楽をきいたり、楽器を練習したり、プラモデルをつくったり・・・いろいろできますね。

もっとみんなを巻き込んで楽しいことをしたいなぁと思ったら、月末に1回ミーティングがあります。子どもと大人が集まるミーティングでやりたいことを提案してみてください。

「それはできないよ」などとは誰もいいません。提案してくれた人の意見をみんなで聞き、実現するようにみんなで話し合います。

これまで「別府にいこう」「阿蘇ぼう」「スポーツしよう」「映画をみよう」などはこのミーティングで提案があって参加したい人を募り、実行したものです。

こうしてフリースクール地球子屋を利用することができます。(スタッフ 加藤)

コラムメニューへ TOPへ