コラム-地球子屋のすごし方(2006年5月)

フリースクール地球子屋のすごし方

フリースクール地球子屋では、ゆっくりと生活することができます。

column_sugosikata06 column_sugosikata01

昨日、あまり眠れなかった人、何かに悩んでいる人、疲れていて何もやりたくないと思っている人には、ゆっくりとした時間が必要だからです。

そんな場合には、ここで休みましょう。1階のソファか2階の畳スペースがいいのでは?

時間をもてあまして、何かをしたいなぁと思えば、すぐに始められるものがいくつかあります。

天気がよかったら、「公園に行ってみようか?」と声をかけてみましょう。公園では、サッカーやキャッチボール、鬼ごっこや陣取り、ベーゴマなどなど遊ぶことができます。新しい遊びをつくってもいいですね。

ほんの10分もあるけば江津湖公園がありますよ。夏はここで水浴びしたり、釣りをしたりします。

column_sugosikata02 column_sugosikata03

そんなに動き回りたくないなぁという人は、公園に散歩に行くだけでもいいですよ。

暑すぎたり、天気が悪かったり、みんなの気持ちが乗らないときには、部屋ですごします。

何人かでおしゃべりをしている風景はよく見かけます。ざっくばらんに色んな話をすることは楽しいことです。よく話を聞いてみると以外なことを知っていたり、興味をもっていたりして新しい発見があります。

新しい人が来た場合は、お互いにどういう人がわからず緊張しているので、みんなで楽しめるゲームなどをやります。

column_sugosikata04 column_sugosikata05
トランプ、人生ゲーム、アップル トゥ アップル、ワードバスケットなど誰でもが簡単にできるゲームをすることが多いです。

もっと面白いゲームは?と言われたら、喜んでいろいろ紹介しましょう。毎月3~4つのボードゲームやカードゲームが届きます。みんな、やったことがないゲームなので解説書を読みながら、おっかなビックリ始めます。ゲームの好きな人はぜひ挑戦してみてください。(ローマ水道、郵便馬車、ブルームーンシティ、カタン、カリフォルニアなどなどドイツで作られたボードゲームが主です)

一人でできることもありますね。本を読んだり、パソコンでネットサーフィンしたり、音楽をきいたり、楽器を練習したり、プラモデルをつくったり・・・いろいろできますね。

もっとみんなを巻き込んで楽しいことをしたいなぁと思ったら、月末に1回ミーティングがあります。子どもと大人が集まるミーティングでやりたいことを提案してみてください。

「それはできないよ」などとは誰もいいません。提案してくれた人の意見をみんなで聞き、実現するようにみんなで話し合います。

これまで「別府にいこう」「阿蘇ぼう」「スポーツしよう」「映画をみよう」などはこのミーティングで提案があって参加したい人を募り、実行したものです。

こうしてフリースクール地球子屋を利用することができます。(スタッフ 加藤)

コラムメニューへ TOPへ