3月28日(木)19時から20時30分 ともに育つ親の会

resize0108

フリースクール地球子屋は、学校に行けない/行かない子どもたちを支援する団体です。
と同時にそういった子育てに悩む保護者のみなさんの集まりでもあります。核家族化が進み、子育ては各家庭で行うものと言われていますが、10代の子育ては、学校や習い事など家庭から社会の中で成長する機会が増えてくることは実感されていると思います。
しかし一度、不登校の状態になると各ご家庭で対応をせまられることになります。ところがご家庭でも不登校の状態は初めてであり、経験がありませんからどのように対応してよいか分かりません。

するとかつての子育て方法、つまり親の指示に従うように子どもに接してしまうのです。
そのように接してしまうことを責めるつもりはありません。ご家族は一生懸命子どもの事を思い、他に選択肢がないからそうしてしまうのです。それはある意味仕方のないことなのかもしれません。

しかし20数年間、学校に行けない・行かない子どもたちに接してきた私たちから見れば、親の指示に従わせる(つまりは無理やり学校に行かせる)という対応では決して良い結果にならないことは分かっています。子どもは言葉にはできないかもしれませんが、明確に「学校には行けない/行かない」という意思表示をしているのです。それと真反対の対応をすれば、関係悪化は避けられませんよね。文字に書けばとても単純な話なのですが、親子の関係の中では、親の責任が重たくのしかかるのでそう簡単に「学校に行かなくてもいいよ」とは言えないものです。

こうして親子で不登校という状態に苦しむ姿をずっと見てきました。
本来は、子どもが学校という場所、やり方、人間関係などさまざまな面から合わないということなのですが、社会に出て一人前になるには学校に行かなくてはとずっと思い込んできた人にとっては、「行かなくていい」と言われてもピンとこないと思います。

私たちも学校が不必要だとは決して思っていません。子どもの健全な発育発達のために学校はなくてはならないものです。
しかし通う学校の選択肢が1つだけの場合、どうしたらいいのでしょうか。その学校が合わないにもかかわらず他に選択肢がないので子どもにとってはどうしようもないのです。本質的な問題の1つは、この選択肢がないことでしょう。

20数年前から子どもが元気がない、辛そうだと話を聴き続けてきました。すこし対応を変えると子どもが元気になった、ヒマだと言いだしたと報告が出てきます。
しかし学校には戻れない、選択肢がないのです。そんな時、学校ではないもう一つの選択肢を作ってあげるのは保護者の役割ではないかと声が出てきました。
そういった保護者のみなさんの熱い思いが形となってフリースクール地球子屋が誕生したのです。

今も学校に行けない/行かない子どもたちが増え続けています。
もう1つの選択肢となる学校も少しずつ増えてきていますが、まだまだ子どもたちの現状に応えるほどの数ではありません。
フリースクール地球子屋は、決してもう1つの学校を目指しているわけではありません。
もっともっと子どもに寄り添う形で、子どもたちを元気にしていきたいという思いで設立しています。親の立場に立った時、子どもが元気であることが1番大切なことだからです。

そういう地球子屋の思いは、ご家族のみなさんに対しても同じです。ご家族のみなさんの今の気持ち、悩み、問題をみんなに共有し、みんなで考えていく場が必要だと思います。
フリースクール地球子屋は、保護者のみなさんの場でもあります。一緒に子育てを考えていきましょう。我が家だけの問題ではない、学校に行けない/行かない子どもがいるということは、社会全体の問題なのですから。

3月 ともに育つ親の会
主催 フリースクール地球子屋
時期:3月28日(木)19時から20時30分まで 21時までの残り時間は自由歓談タイムです。
場所:ウェルパルくまもと

参加申込み先
フリースクール地球子屋 代表電話080-4286-2999
もしくはメール freeschoolterrakoya@gmail.com
にてお申込みください。

3月16日(土)19時~ 不登校学習会 地球子屋流子育て術5段階20ステップ

緊急企画 不登校 学習会「地球子屋流子育て術 5段階20ステップ」

 不登校の子どもたちがこの数年とても増えている状況です。
これまでも「不登校」という呼び名から、子どもの側に原因がある、問題があるという認識で学校は対応してきていますが、これだけ多くなってくるともはや子どもだけにその原因があるとは言えません。

 学校に行けない・行かないという状況を受け止めた上で、家庭でできることは何なのか、その考え方と行動のすべてを5段階20ステップでお伝えします。
それがこの不登校 学習会です。
 学校へ行けない・行かない子どもさんに対する対応に特化して、地球子屋で実践したことをご家庭でできるようにアレンジしています。

 10月から6回シリーズで行っていますが、その考え方を知った保護者のみなさんから「もっと早く知りたかった」というお声をたくさんいただいています。
何より参加する保護者にみなさんに笑顔が戻ってくるのを拝見するたびに、この子育て術が有効であると実感しています。

 毎回、満員御礼でお断りさせていただいている保護者のみなさんには本当に申し訳ないのですが、限定10世帯のみの参加でお願いしています。
参加希望の方は、お早目にお申込みください。

緊急企画「不登校 学習会 地球子屋流子育て術 5段階20ステップ その6)」

時期・場所:3月16日(土)19時から20時30分 ウェルパルくまもと あいぽーと会議室
内容 子どもとオトナが本気で向き合う、ではなく同じ方向へ向いて話す
講師 フリースクール地球子屋 代表 加藤千尋(健康教育学修士、心理相談員)
資料代 500円

参加人数 保護者様 10世帯限定(先着)

参加申込み先 フリースクール地球子屋 代表加藤まで
 連絡・相談電話 080-4286-2999

地球子屋バドミントンプロジェクト! 3月予定

学校に行けない・行かない子どもたちやそのご家族が集まって、バドミントンを少しずつ覚えていくプロジェクトです。

初めてでも丁寧に優しく教えますし、練習から試合(ダブルス)と進んでいくので安心して参加できます。

3月バドミントンプロジェクト予定

時期 3月 14日(木)/23日(土)/28日(木) いずれも午後3時から4時 1時間
場所 熊本市総合体育館 中体育室
参加費 200円(コート代)
用意するもの 運動できる服装、体育館シューズ、タオルなど

参加申込み先
フリースクール地球子屋 加藤/齋藤 (連絡先 加藤携帯080-4286-2999)

2月28日(木)19時~ ともに育つ親の会

2月28日(木) 19時~ ともに育つ親の会 を開催いたします。
毎回、十数名の保護者の方の参加があり、お互いに話を聴きあい、学びあう会です。

ともに育つ親の会は、毎回不登校の子どもに向き合うためのヒントがたくさんございます。ぜひ子育てに悩まれている方はご参加ください。

参加申込み先
フリースクール地球子屋 代表 加藤まで
連絡先携帯 080-4286-2999

2月16日(土)19時~ 不登校学習会 地球子屋流子育て術5段階20ステップ

緊急企画 不登校 学習会「地球子屋流子育て術 5段階20ステップ」

 不登校の子どもたちがこの数年とても増えている状況です。
これまでも「不登校」という呼び名から、子どもの側に原因がある、問題があるという認識で学校は対応してきていますが、これだけ多くなってくるともはや子どもだけにその原因があるとは言えないと思います。

 そして何より問題なのは、この何が原因なのかという「原因-結果」という考え方こそ解決を遅らせてしまうということに誰も気づいていないということなのです。
 原因探しをして、学校に再び行くということがこれまであったでしょうか。
例えば、イジメがあって学校に行きたくないと言った子どもがいたとしましょう。イジメが原因だからとイジメた子どもに謝らせて、許すように先生が言ったとします。原因は一見取り除かれたように見えます。「学校においで」と先生は言うでしょうし、親も「学校には行かないとダメ」と言うことでしょう。
 ところがそれで学校に行く子どもはほとんどいないのです。原因が明確なイジメであっても、簡単に学校に行くことはありません。イジメなどない場合がかなり多いのが学校に行けない・行かない子どもたちの特徴です。ではどこに原因があるのか、先生も親もさっぱりわからなくなってしまうのです。

 そして結論は、「学校に行かないというのはワガママである」と本人に原因ありとしてしまうのです。
そんなに単純な話ではないのです。学校に行けない・行かないという選択は、当人からすればまさに人生をかけた大問題であって、ワガママなどとして片づけられるのは本当に悔しくて仕方ないことだと思います。

 学校に行けない・行かないという状況を受け止めた上で、家庭でできることは何なのか、その考え方と行動のすべてを5段階20ステップでお伝えします。
それがこの不登校 学習会です。

 学校へ行けない・行かない子どもさんに対する対応に特化して、地球子屋で実践したことをご家庭でできるようにアレンジしています。

 10月から6回シリーズで行っていますが、その考え方を知った保護者のみなさんから「もっと早く知りたかった」というお声をたくさんいただいています。
何より参加する保護者にみなさんに笑顔が戻ってくるのを拝見するたびに、この子育て術が有効であると実感しています。

 毎回、満員御礼でお断りさせていただいている保護者のみなさんには本当に申し訳ないのですが、限定10世帯のみの参加でお願いしています。
参加希望の方は、お早目にお申込みください。

緊急企画「不登校 学習会 地球子屋流子育て術 5段階20ステップ その5)」

時期・場所:2月16日(土)19時から20時30分 ウェルパルくまもと あいぽーと会議室
内容 子どもの力が最大限に発揮できるために、オトナが変わる
講師 フリースクール地球子屋 代表 加藤千尋(健康教育学修士、心理相談員)
資料代 500円

参加人数 保護者様 10世帯限定(先着)

参加申込み先 フリースクール地球子屋 代表加藤まで
 連絡・相談電話 080-4286-2999

2月活動予定 子どもも大人も若者も!バドミントンを一緒に楽しみませんか?

2月になりました。暦の上では春に近づいていきます。まだまだ寒い日が続いていますが、身体を動かすことで心身が整い、気分転換にもなります。
まさに運動は健康の源です!学校に行かない・行けない子どもたち、そして保護者やご家族のみなさん、若者のみなさん、私たちと一緒に
バドミントン活動をしてみませんか?
初回でも私たちは、暖かくあなたを迎え入れます。一緒にプレイすればすぐに打ち解けることもできるでしょう。
勇気を出して、まずは参加してみてください。あなたの参加を待っています!

2月バドミントン活動日

2月  7日(木)15時から16時 熊本市総合体育館・青年会館 体育室
2月 16日(土)15時から16時 熊本市総合体育館・青年会館 体育室
2月 21日(木)15時から16時 熊本市総合体育館・青年会館 体育室
2月 28日(木)15時から16時 熊本市総合体育館・青年会館 体育室

持参いただきたいもの 運動できる服装、体育館シューズ、タオル、水分など 参加費:200円(コート代)

参加申込み先
フリースクール地球子屋 代表 加藤まで(080-4286-2999)

1月31日(木)19時~ ともに育つ親の会

保護者のみなさんがお互いに不安や悩みを話合い、聞きあいをするのが「ともに育つ親の会」です!

1月 ともに育つ親の会
 この会は、自助グループとして不登校やひきこもり、その他さまざまな子どもに関する不安や悩みをもつご家族があつまり、話合い会です。

 この場にいる全員が対等な関係でお互いに尊重しながら話合いが進んでいくので安心して参加できます。
もちろん、話したい人が話すスタイルですので単に話を聞きたいだけの方でもご参加いただけます。
 自分だけではなく、みんなで同じような子どもの悩みを考え合うことで、思いもよらなかったアイデアやヒントが得られると好評です。

 「この会に参加することが、私にとって癒しです。」

 このようにお母様お父様が発言されることがあります。子育ては自分の家庭内のことと思いがちですが、ここではみんなが発言されるあなたの話を一生懸命に考えてくれる仲間がいます。保護者のみなさんが元気になること、それが子どもにとっても一番よいことなのでしょう。
 初めての方も何回か参加された方も、入り交じっての穏やかな話し合いをぜひご体験ください。
 参加申込みは、電話やメールでお申込みください。

NPO法人フリースクール地球子屋
電話 080-4286-2999(代表加藤 携帯)
メール freeschoolterrakoya@gmail.coom

1月19日(土) 第4回不登校学習会 満員御礼!

1月19日(土)19時~21時 ウェルパルくまもと あいぽーと会議室にて開催

緊急企画「不登校 学習会」(第4回) 開催されました!
多くのみなさんに参加いただきまして、笑いあい、学びあいの充実した時間になりました。参加いただいて皆様には本当に感謝申し上げます。

不登校の子どもたちに、どのように関わればよいのか?
この質問には明確な答えはありません。不登校の子どもといってもその状態や環境はさまざまで一人ひとりに対応方法は違います。その前提はあるのですが、この20数年間、多くの不登校の子どもたちに接してきますと、不登校が始まる前から不登校が終わり再び社会の中へと戻っていく過程には、共通点があるのです。

その子どもたちがたどる過程を考えると、およそ周りの大人の対応方法も見えてくるのです。
これまでの経験、そして現代までの科学的な調査研究をつきあわせると不登校という現象は何も難しくはない、ごく自然な流れの中での素直な反応であることはよく分かります。

周りの大人が何をしたらよいのか?あるいは何をしない方がよいのか。それをギュっと凝縮したのが「地球子屋流子育て術」です。5段階20ステップに分かれており、1つの段階を時間をかけて取り組んでいくと子どもたちの元気を取り戻して、親子が対話できるようになります。これまで学習会に参加されたご家族からは、「早速実践してみたら表情が明るくなった」「早く知りたかった」と嬉しい言葉をいくつもいただいています。不登校の子どもたちに対して、地球子屋流子育て術の有効性が実践を通して証明されているのを嬉しく思います。

この第4回では、親子のコミュニケーションを取り扱いましたが、親の立場として慣れ親しんだコミュニケーションスタイルを変えることは大変な勇気がいるものです。しかしながらコミュニケーションとはそんなに堅苦しく考える必要はないのです。伝えたいことが伝わる、相手の言いたいことを理解するということですからほんの少しの工夫で思っている以上に効果は高いのです。学習会のたった数十分でも見知らぬ人どうしがコミュニケーションし、笑いあうことができるのです。お互いに分かり合うことは楽しいこと、心地よいことなんだということをぜひご家庭でも実践してほしいと思います。

さて次回(第5回)は、親子の対話によって未来に向かっていくための方法です。ご関心のある方はお早目にお申込みください。先着10世帯限定です。

NPO法人フリースクール地球子屋 緊急企画「不登校 学習会」
第5回 2月16日(土)19時~21時 ウェルパルくまもと 1階あいぽーと会議室
参加申込み先 電話、メールで申込みをお願いします。
地球子屋専用電話 080-4286-2999(代表 加藤)
メール freeschoolterrakoya@gmail.com

1月バドミントン活動の予定

2019年 あけましておめでとうございます。
1月のバドミントン活動の予定をお知らせいたします。バドミントン活動は、身体の運動のみならず学校に行けない・行かない子どもたちにとって気分転換や自信を
取り戻すきっかけを与えてくれるものです。
不登校の子ども達やそのご家族が一緒に活動できますので、ぜひご参加ください。

フリースクール地球子屋 バドミントン活動予定
1月 10日(木)午後3時から4時 熊本市総合体育館青年会館
1月 17日(木)午後3時から4時 熊本市総合体育館青年会館
1月 24日(木)午後3時から4時 熊本市総合体育館青年会館
1月 31日(木)午後3時から4時 熊本市総合体育館青年会館
参加の際は、ご連絡の上、運動できる服装、体育館シューズ、タオルとコート代200円をご用意ください。

参加申込み先
フリースクール地球子屋 代表 加藤まで
連絡用携帯 080-4286-2999

12月 ともに育つ親の会 不登校の保護者のみなさんが集い、不安や悩みを語り合う!

不登校になると保護者のみなさんは、アチコチに相談をされていると思います。
アッチの相談所では、「親が甘やかした結果であるからもっとキビシク接するように」と言われ傷つき、コッチの相談所では、「子どもの好きにさせておけばよい。もっと見守るように」と言われ、好きにさせておくだけで不登校が解決するのかしらと不安がますます大きくなったなどと声を聞きます。

不登校になった子どもに対して、どのように対応したらよいか。それはとても難しい問題です。子どもが一人ひとり違うように、不登校の対応も一人ひとり異なります。これをすれば必ず解決するような魔法の薬のような解決策があるのか、と言われても残念ながらそれはないのです。

もちろん、不登校の子どもへの基本的な対応方法はあります。それは「不登校学習会」の方でみなさんにお伝えしています。

そうではなく、今のお母さん、お父さんの気持ちや不安を誰かに話したい、聴いてほしい、もう少し先の見通しが知りたいなどいろいろと抱えていると思います。

そう! まさにお母さん、お父さんの気持ちも本当にそれぞれに一人ひとり違うのです。そんな保護者のみなさんの気持ちを受け止められるのは、同じ境遇の保護者のみなさんなのかもしれません。

フリースクール地球子屋では、子育て、不登校、ひきこもりなどとテーマに保護者のみなさんが集まり、自然な語りで話を聴きあいます。
学習会とは違い、生の声を聴くことでリアルな対応方法のヒントが得られると好評です。

進行役は、不登校・ひきこもり支援を始めて20年以上 フリースクール地球子屋代表の加藤が行います。
しっかりとした進行役がいることで、安心して話ができる場となり、単なる会話ではなく、対話となって積み重なっていきます。

まだ参加されていない保護者のみなさんは、ぜひ一度ご参加ください。みなさん最初は、重い気持ちから口をなかなか開くことができませんが、話が進むうちに自然な気持ちを口にできるようになり、時には笑いあうことあります。そんな軽やかな気持ちになることからか、「ここは私の癒しです」とおっしゃる保護者のみなさんがいます。ありがたいです。困っていたとしても、この場に集った人たちがお互いから元気とヒントをもらう、そんな場が「ともに育つ親の会」なのです。

最後に、この会の最大の特徴は、当事者である子ども・若者からの参加があることです。我が子が何を考えているかわからないなどよく聴きますが、同じような体験をした当事者の声は、毎回、保護者のみなさんに好評で時にはその言葉で涙を流す方もいらっしゃるくらいです。このような多様な人が集まる親の会が特徴です。

12月 ともに育つ親の会
時期:12月20日(木)19時~21時
場所:ウェルパルあいぽーと会議室

参加の場合は、事前に連絡をいただけると助かります。※急遽の参加でももちろん受付はいたします!
参加連絡先 フリースクール地球子屋 代表 加藤(相談連絡用 080-4286-2999)